函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

おすすめ図書【おら おらで ひとり いぐも】

おらおらでひとりいぐも  主人公の桃子さんは、東北出身の70代。
  24歳の時に故郷を飛び出して、身ひとつで上野駅に降り立って

  から、住み込みのアルバイト、結婚、二児の誕生と成長、そして

  夫の死を迎えます。「この先一人で、どやって暮らす。こまったぁ

  どうすんべぇ」そんなことを考え、ひとりお茶をすすりながら断片

  的に半生を振り返り、悲しみの果てに辿り着いた「気づき」は、圧

  倒的自由と賑やかな孤独。心の内側から湧き上がる東北弁の独り言

  と、斜め上から自分を見つめて第三者のように語る言葉で構成され

  た小説です。著者は55歳から小説講座に通い始め8年の歳月で本

  作を執筆した63歳の主婦。第158回芥川賞(平成29年度下半

               期)受賞作です。

 ●若竹 千佐子/著  ●株式会社 河出書房新社/発行

 

PageTop