函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

おすすめ図書【ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。】

ぼくが子どものころ、ほしかった親になる

  ガンになり、余命宣告を受けた35歳のカメラマンが、2歳の息子に伝えたい大切

  こととして著した本ですが、親として、また、人として、生きるうえでのヒントに

  したい数々の言葉が記された一冊としておすすめです。

  「優しい子に育てるには、優しい親でなくちゃいけない。」「親子、家族のあいだ

  の優しさは、ただ相手のことを思って、受け入れるだけでいいこともある。」「小

  さなところで選ぶ練習ができていない子どもは恐ろしくて自分で決断できない

  「学校は、理不尽さを学ぶ場所だ。」などなど、著者が子どもの頃に感じた親や周

  りの大人たちへの疑問から、自分が親になり、また、病気になってわかった親とし

  て子どもに接するための気づきなど、本文ではわかりやすい例をあげて語られてい

  ます。

                「親子関係と友だちの圧倒的な違いは、『頼りになるか/ならないか』の差だ。」

               という章で、頼りになる親になるには、子どもが安心できる存在になること、頼ら

               れる強さを持ち、少なくとも子どもの最大の味方になることなどなど、子どもにと

               って、安心できる家庭を築くためのヒントが満載です。

               

               ●幡野 広志 / 著 ●株式会社PHPエディターズ・グループ/発行

PageTop