函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

「『三低』流行り」

1990年前後の「バブル期」には、女性の主流層が結婚相手の条件と して「高学歴」「高収入」「高身長」の『三高』を求めていました。ところが最近では「低依存」「低姿勢」「低リスク」の『三低』が主流な のだそうです。

「低依存」は、家事や育児を妻だけに頼らないこと、「低姿勢」は、女性に対して威圧的でないこと、「低リスク」は、リストラや事故に巻き込まれることの少ない職業に就いていること。

このような考えが主流になってきたのは、ワークライフバランスやDVについての認識が深まって来たことの表れか、また、結婚相手への条件が「夢」から「現実」に変化したのは、この四半世紀の間に日本人が大人になったという喜ばしい現象なのかもしれません。

 

しかし一方、30年前に制定された男女雇用機会均等法でセクハラやパワハラの防止規定が盛り込まれているにも関わらず、職場において不利益な扱いを受けている女性が後を絶たず、各都道府県の労働局への均等法に関する相談件数が、2014年度は24,893件に上ったという事実も報道されています。(北海道新聞より)

 

このように、世間の認識とは裏腹に、個人の行動が伴っていない現実も見受けられるので『三低』流行りを手放しでは喜べませんが、「結婚生活」という毎日続く営みを設計する時には、しっかりと「現実」を見つめて計画したいものですね。

 

               函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット101号」(平成28年3月31日発行)より

「ワークライフバランスと女性活躍推進法」

平成27年8月に策定された「女性活躍推進法」により、国、地方公共団体、301人以上の労働者を雇用する企業は、女性の活躍に関する状況把握や課題分析を行い、課題解決の数値目標や取り組みを盛り込んだ行動計画を策定し届け出ることが義務付けられました。

 

日本では、結婚、出産、子育て、介護などを理由に離職する女性が多く、女性の就業状況を年齢階級別にみると、30歳代前半を底とするM字型のカーブを描くという特徴は、よく知られているところですが、北海道においては、20代後半から30代前半の離職の割合が全国に比べ高い状況にあり、M字型カーブの谷が深くなっているという現状です。〈北海道女性活躍推進計画(素案)より〉

 

人口の減少とともに労働力が不足している現在、女性がライフステージの変化によって離職することなく、働きやすい職場環境を整えることは企業にとっても必要なことであり、また、ワークライフバランスを実現したいと願う労働者にはうれしい施策です。

実際に子育てをしながら仕事を続けてきたという女性経営者であれば、例えば、子どもの発熱や学校行事等で仕事を休まざるを得ない状況に理解を示してもらえるでしょうが、そうでない職場では、肩身の狭い思いをしながら働いているという女性も少なくないはず。

 

女性活躍推進法の行動計画策定が、300人以下企業は「努力義務」とされているので、中小企業に浸透するまでは時間がかかるかもしれませんが、売り手市場の今、自分から「私は、こんなふうに働きたいのです」という意思を明確にして就職活動をしてみるといいかも知れませんね。

 

               函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット100号」(平成28年2月28日発行)より

「女性が輝くための要素と効能」

平成28年年明け早々、「女性が輝く社会に向けたシンポジウム」に参加して来ました。これは「新しい時代を作る!未来を創る!」というサブタイトルで、女性の視点からこれからの環境、まちづくり、国際社会との関わり、芸術、子育てなど、様々な切り口から地域社会のあり方やライフスタイルについて考えるために、東日本で活躍する元気な女性たちを招き、北海道国際交流センターが主催して開催したものです。

基調提言、パネルディスカッション、ワークショップの三部構成で行われたこのシンポジウムで、改めて「女性が輝くための要素と効能」を確認できたので、ちょっとご紹介します。

 

このシンポジウムで紹介された女性たちは20~30代。海外や首都圏で学んだ後に自分の主催する教室を開設したり、勤めていた会社から独立してフリーになったり、自分が移住して仕事をしている町に、交際中の男性を呼び寄せてそこで結婚生活を始めたりと、それぞれが自分の進む道に志を持って進み、今、イキイキと活躍しています。

彼女たちが自分の生き方を貫いて来られたのは、親や家族や身近な周囲の人が、彼女「個人」の意思を理解して応援してくれたからこそではないでしょうか。「女のくせに」とか「常識はずれだ」とか言われて前に進めない女性たちも、今の日本には、きっとまだ、たくさんいるはずです。

 

留学したり、出張したりして海外を見てきたパネラーの話ですが、フランスでは、女性も自分の意見をはっきりと主張するのが普通だそうです。それは、男性はこうあるべき、女性はこうあるべきという固定観念がなく、その人「個人」が得意分野で活躍すれば良いという考え方が強いからのようです。

また、「台湾では男性の働き方も女性の働き方も日本と違っていて、自分の中の固定観念を崩すきっかけにもなった」というパネラーは、「男性と女性は、役割の違いというものはあるけれど、関係性の中でおかしいなと思ったら、権利を主張するのではなく、客観的に見つめながら、お互いに自分の今の状況を疑ってみることも必要では」という意見を述べていました。

 

最後に行われたワークショップ中に聞こえてきた、「女性がイキイキしているのを見ると明るい気持ちになるね」という男性参加者の言葉に、職場でも地域でも家でも、やはり、女性が輝くことは、周囲を元気にするという効果があるのだということが実感できました。

 

●女性が輝くための要素=「固定観念を捨て、理解し協力する」

●女性が輝くことによる効能=「周囲が明るくなる」  

 

このことを念頭に置いて、今一度、自分や周りの状況を見つめ直してみてはいかがでしょう?

 

              函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット99号」(平成28年1月30日発行)より

「『女性活躍推進法』と『子連れ出勤』」

平成27年8月に、女性の職場における活躍を推進する「女性活躍推進法」が策定され、活躍の場の提供主体である事業主行動計画が平成28年4月 1日より施行されました.

この行動計画の基本原則には、

・個性と能力が充分発揮できるように、採用、教育訓練、昇進などの機会を提供すること

・結婚、妊娠、出産、育児、介護その他家庭生活の事情と職業生活の両立が可能となるような環境を整備すること

・職業生活と家庭生活の両立について本人の意思を尊重すること

というような内容が盛り込まれています。

 

一方、この法律ができる前から、自主的に働きたい女性の活躍を応援する取り組みとして、中小企業の間で「子連れ出勤」を認める機運が高まりつつあるというニュースも聞こえ、女性が仕事と家庭を両立できる環境が、いろいろな形で整いつつあるのではないかという期待が持たれます。

 

昔、日本が農村社会だった頃には、親が働いているすぐそばに、当たり前に子どもの姿がありました。赤ん坊は、イジコという籠に入れられて畑や田んぼのすぐそばに置かれ、親は仕事の合間に赤ん坊の世話をするというのが普通の日常だったのです。

今でも、自営業やフリーランスなど、自宅で子どもの世話をしながら働いているという方も多くいらっしゃるでしょうが、自分の家だからこそ問題なくできること。会社で「子連れ出勤」が認められるからといって本人の不安や周囲の不満など、何かしらの不具合も起こりうることは予想できます。

けれど、周りの人の理解や協力さえあれば、このような取組もそんなに難しいことではないような気がするのです。

 

「理解」と「協力」が幸せのキーワード

 

函館市女性センターでは、この言葉を掲げて、センターの運営をおこなって行く所存です。

 

               函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット98号」(平成27年12月28日発行)より

「善意のサンタ・リボン」

函館の冬のイベントとしてすっかり定着したクリスマス・ファンタジー。毎年、全国各地から多くの観光客がやってくるこのイベントを、市民の手でさらに盛り上げるために結成されたのが、函館市女性センターもメンバーとなっている『クリファン盛り上げ隊チームもみの木6』。クリスマスファンタジーのシンボルであるカナダから届く巨大ツリー(幸せを呼ぶもみの木)と一緒に、高さ2メートルほどのサブツリーが飾られる函館市内の6施設により結成されました。

この『もみの木6』では、クリスマスファンタジーの期間中に『もみの木』が設置され、カナダハリファックス市の写真展が巡回するほか、もみの葉の押し葉をあしらった各施設色違いの『しおり』を作って来館者などにプレゼントしています。

その他に各施設で独自のイベントが開催されますが、函館市女性センターでは『サンタ・リボン企画』という自主事業を行なっており、寄贈品をお持ちいただいた方に「サンタ・リボン」をお渡ししてツリーに結んでもらい、集まった寄贈品を皆さんに代わって当センターの職員が市内の福祉施設などに届けに行くというものです。

そもそも、この企画を思いついたのは、2010年のクリスマスに始まった「タイガーマスク運動」。伊達直人を名乗るサラリーマンが児童養護施設に10個のランドセルを送ったことが発端となり、日本各地で同様の事例が相次いだこの現象から、皆さんの心にある善意を何らかの形で表現したいということが発端でした。

 

始めてみたら案の定、毎年たくさんの寄贈品が寄せられ、女性センターのもみの木は「善意のサンタ・リボン」でいっぱいになります。それを見るにつけ、人は皆やさしい心を持っているのだけれど、表現することが苦手なだけで、やさしさの表現方法がわかれば、もっともっと人間関係がうまく行くのではないかとつくづく思うのです。

 

函館市女性センターでは、毎年冬のこの時期、幸せを呼ぶもみの木がだれかの幸せにつながるよう、職員が心を込めてせっせと作ったピンクのしおりを用意して、サンタ・リ ボンを結んでくださる皆さんをお待ちしています!

 

               函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット97号」(平成27年11月30日発行)より

PageTop