函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

 「そういうことになっている?」

以前放送していたNHKの連続ドラマの主人公「あさ」は、明治を代表する女性実業家の広岡浅子さんがモデルとなっています。京都の豪商の四女として生まれ、幼い頃から裁縫や茶の湯、生け花や琴などの習い事を強いられますが、それよりも四書五経の素読など学問に興味を持ちます。しかし、「女に教育は不要」という当時の習慣により、親から読書を禁じられて育ちました。

 

ドラマの中では、相撲を取って女中に叱られ、「どうして女は相撲を取ってはいけないのか」と質問すると、大人は「そういうことになっている」としか答えません。そんな習慣に疑問を持ちつつ、大阪の豪商加島屋へ嫁いでからは、算術や簿記などを独学で学び、傾きかけた家を救った広岡浅子さん。彼女の生きた時代は、1849~1919年、百年以上も前の古い時代です。「そういうことになっている」という習慣に従い、やりたいこともできずにいた多くの女性たちの中にあって、古い習慣に疑問を持ち、自ら学び力をつけ、男顔負けの数々の事業を成功させ、晩年は女子教育に奔走したという経歴の持ち主。

 

着目すべきは、「そういうことになっている」という習慣に疑問を持ったこと、そして自分にとって窮屈な習慣を打ち破る勇気があったことだと思います。

 

男女共同参画社会の形成が進んできた現代でも、まだ、家事や育児をするのはお母さん、外出は夫の許可が必要、など「そういうことになっている」ことに窮屈を感じている人も多数いるのではないでしょうか。

 

こうしたい、ああしたいという個人の希望を阻むのが、「そういうことになっている」といういわれのない習慣だけだとしたら、家族の理解と協力でそれを改善することが充分可能だと思います。それこそが男女共同参画社会の根底にあるものだとつくづく感じるのです。

 

              函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット94号」(平成27年9月30日発行)より

「子育て中のパパ・ママへ」

函館市女性センターでは、未就学児とその保護者のために、月曜から土曜の午前9時から午後5時まで、「なかよし広場」として託児室の開放事業をおこなっています。日中、子どもと二人きりで過ごすことが多い方が、お散歩がてら遊びに立ち寄ったり、同じような月齢のお友だち作りを目当てに来たりと様々な親子が毎日入れ替わりに訪れ、束の間の安らぎを得られるのか、みなさん笑顔で帰って行きます。とかく孤立しがちな子育て中のお母さんには、ストレスの発散や気分転換もさることながら、気の合うママ友の存在も重要ですよね。

 

「なかよし広場」でお友だちと巡り合えなかった方も、当センターで開催している「土曜ぷちサロン」のベビーマッサージ(2ヶ月児~1歳まで)や親子リズム遊び(満1歳~3歳コース・マン4歳~6歳未就学児コース)など、同じ時間に同じ場所に集まることで、ママ友を作っていかれる方もいらっしゃいます。また、土曜ぷちサロンには、最近は、パパも一緒に来たり、パパだけでお子さんを連れて来たりと「イクメン」の姿も見られるようになりました。

 

 また、当センターで平成27年9月2日に開催された「子どものこころを理解する『子育て支援パパ・ママ講座』」では、子どもの電話相談窓口で声を受け止めて来た講師の講演で、子どものこころを理解し、より良い親子関係の構築に役立てるヒントが得られたことと思います。小さいお子さんを持つ方だけでなく、成長して思春期を迎えるお子さんの保護者の方たち向けの事業も行っています。

 

子育て中のみなさん、函館市女性センターの子育て支援事業にどうぞ参加してみてください。

 

                函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット93号」(平成27年8月31日発行)より

「私が怒るのをやめたワケ」

上に紹介した「感情的にならない本」の~不機嫌な人は幼稚に見える~というサブタイトルを目にした時に、筆者が子育てや社会生活をして来た中で、なぜ「怒るのをやめた」のかを言葉でまとめてみましたのでちょっと紹介してみようと思います。

 

・子どもの頃、親に怒られていやだった経験があること。

・怒ることは、相手を自分に従わせるための手段(一種の暴力)だと知ったこと。

・自分だって失敗することがあるのに、人の失敗を怒ったりしたら、自分が失敗したときに「ごめん、ごめん」で済

 まないだろうなと思ったこと。

・怒る人というのは、上から目線で相手を見ているのだと感じたこと。

・怒るという感情をむき出しにしないで、言葉で伝えるのが大人なんだと気づいたこと。

・子どもを育てるのに、怒ったり叱ったりする必要はなく、「指導」すればいいのだと気づいたこと。

・怒られて嬉しい人なんて、きっといないだろうなと思ったこと。

・世の中は、自分の思い通りになんかなるわけがないと悟ったこと。

 

これらが、私が怒りたくないと思ったワケです。

 

・「『怒らない』という選択肢がある」と知ったこと。

 

これが、私が怒らないでいられる理由です。

 

上記の本と併せて、穏やかな心を保つための参考にしてみてください。

 

                函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット92号」(平成27年7月31日発行)より

「対等な存在を認め合う」

この春、高校に進学した知人の娘さんは、新しく部活動を始め、意欲的に練習に励んでいました。ところが、6月も半ばを過ぎて「部活、辞めたい」と言い出したのだそうです。「どうやら先輩のいじめが原因らしい」とその知人。「いやなら無理に続ける必要はないから、辞めてもいいよ」と、結局は部活を辞めることになったそうです。

 

でも、考えてみてください。楽しみにしていた部活が、たった一人のいじわるな先輩のために続けられない状態になるなんて…。いったい、人の楽しみを奪う権利が誰にあるというのでしょう? 

 

いじめは暴力です。暴力は力の差があるところにおこるといわれています。暴力という手段を使うと、相手を支配し、自分の方が強いと思わせることができるのです。

 

社会には上司と部下、親と子、先輩と後輩、男と女など、力の差がある関係はたくさんあります。でも、これは社会的に作られた関係なのです。

 

大人でも子どもでも、人間一人ひとりは同じ人権を持った対等の存在なのですから、暴力(いじめ)を使って相手を支配しようとする行動は間違っているのです。こういった認識が足りないと思われる場面が、残念なことに日常的に数多く目に入るのが事実です。

 

暴力は親密な関係にもおこります。夫婦や恋人間のDVも大きな社会問題となっていますし、大人だけでなく若い恋人同士でも「デートDV」がおこっているのです。

 

結局、私たちがお互いに対等な存在である事を認め合わなければ、暴力はなくならないのだと思います。そのためには、小さい頃からの教育が何よりも大切なことだと思うのです。

 

                 函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット91号」(平成27年6月30日発行)より

「世界一『安全』な国」

日本に住む外国人に「『日本』と『自分の国』とどちらが安全か」というインタビューをしているテレビ番組が放映されていたので、興味を持って見ていました。アメリカ、ロシア、中国、ドイツなど、何か国の何人に聞いたかは定かではありませんが、結果は100%「日本」が安全ということ。理由としては、「飲食店などで、持ち物を置いて席を立っても盗ま れない」、「カバンを背中に背負って歩ける、自分の国では、前に抱えて歩かないと盗まれる」、「東日本大震災のあと、たくさんの金庫が落し物として届けられていた、自分の国ではありえない」「コンビニがたくさんあって、深夜でも何かあったら駆け込めるので女性としては安心」などなど。多くは「盗まれない」という理由でしたが、外国の方から見ると、「安全で住みやすい国」という印象のようです。

昔から、海外旅行をする日本人が、「危機管理が備わっていない」と外国人に驚かれるのは、安全な国に暮らしているからこそなのでしょう。

 

一方、日本に住んでいる私たちにしてみれば、毎日のように新聞で見か けるようになった家族や親族間の殺人事件、DVや虐待のニュースなど、「安全」な国かもしれないけれど「安心」して暮らせない、という印象は否めません。

実際、DVについては、「配偶者暴力相談支援センターにおける相談件数」(内閣府調べ)によると、平成15年度の43,225件が平成25年では99,961件、また児童虐待については、「児童相談における児童虐待相談件数」(厚生労働省 社会福祉行政業務報告より)によると平成15度の26,569件が、平成25年度では73,765件と、いずれも、10年間で2倍以上に増えている現状です。他にも、学校や会社、最近ではネット上でのいじめなども加わり、「安心」を実感できない日本人が随分増えてきているのではないでしょうか。

 

私たち日本人は、「安全」な国を誇れる社会的なモラルは健在であるけれども、身近な集団の中で「安心」に暮らせないという現実。せっかく「世界一安全な国」に住んでいるのですから、心の平和を保って、家でも学校でも会社でも、みんなが「安心」して暮らせないものかとつくづく思うのです。

 

             函館男女共同参画メールマガジン「HAKODATE☆かがやきネット90号」(平成27年5月30日発行)より

 

PageTop