函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

【推薦図書】精子提供

精子提供.JPG歌代 幸子 著

父親を知らない子どもたち

「福音」か?「冒涜」か?

AID(非配偶者間人工授精)

日本では戦後まもなく実施され60年以上の歴史があること。国内で一万人以上が誕生しているといわれる。にもかかわらず、あくまで「匿名」を条件に精子提供されてきたため「遺伝上の父親」を知る道が閉ざされている現状。

AIDを選択した家族・医師・精子提供者らに丹念に取材。決断にいたるまでの夫と妻のそれぞれの葛藤、生まれた子に事実を伝える困難。

子どもたちが”秘密”を知ったときの衝撃。事実を知らされた子どもたちはどうなるのか?

家族にとってもっとも重要なこととは。

「科学技術が」もたらす幸福とは?

親たちはどんな思いでこの治療を選択したのか・・・・。

授かる「いのち」から、つくられる「いのち」へ。

すでに生まれたいのち、それだけは絶対に肯定されなければならない。そんな頑強な著者の思いが、この一冊には込められている。

 

PageTop