函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

講座リポート♪♪

 

P1040026.jpg

カジメン増強プロジェクト①アイロン編

11月30日(土)10時~12時

 

講師 ささきクリーニング代表 佐々木 潤氏

 

カジメン増強プロジェクトの第一弾として、家庭でYシャツのアイロンがけ!!

P1040028.jpg

皆さん、衣類についている洗濯表示マークを見て洗濯していますか?受講生は、「初めて見た」という方が大半でした・・・。

まずは表示記号の見方から~

家事だよ。洗濯 のデコメ絵文字洗い方(温度・手洗い・水洗い)、塩素漂白の可否、アイロンの掛け方(温度・あて布)等。

こんなにたくさん、マークがあったなんて~初めて知りました。マークに従って適切な洗い方をすると、衣類のケアにもつながるということです。

男性ばかりの講座だからか、この表示マークにはずいぶん興味を持ち、積極的な質問もたくさん出て、ドライクリーニングの溶剤や、その排油の処理の方法など、講師の先生に聞いていました。

男性は家事も科学的に考えているのかしら・・・。

実技はファッションだよ。服だよ。ワイシャツ のデコメ絵文字

Yシャツとズボンのアイロンかけ方家事だよ。アイロンがけ のデコメ絵文字、コツを教えて頂きました。

家事だよ。アイロンがけ のデコメ絵文字Yシャツはかける順序、スチームの使い方、布を引きながら、アイロンを内側から外側に滑らせ、しわを伸ばしていきます。

最後にアイロンの先を上手く使いながら、細かい部分の仕上げをすると、クリーニングに出したようにパリッと仕上がりました!!

たたみ方も大事な仕上げの一つ。今は、ハンガーで納品され、保管している家庭も多いようですが、プロ流のたたみ方で、出張時はバッグに入れてもシワになりにくいようです。プロの技に感心!!

小さい写真はプロ仕様のアイロンです。ずっしっと重量感があるので、重みだけで滑らせ仕上げるそうです。(家庭用は軽いので結構、力がかかります⊿貰って*汗マーク のデコメ絵文字

PageTop