函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

【 おすすめ図書 】リバース

リバース.jpg


「人殺し」と書かれた告発文。
唯一の闇を、告発する時がきた。


 深瀬和久は平凡を絵に描いたようなサラリーマンで、趣味らしいことといえば、コーヒーを飲む事だった。
  その縁で、越智美穂子という彼女もでき、ようやく自分の人生にも彩が添えられる。と思った矢先、謎の告発文が彼女に送り付けられた。そこにはたった一行、『深瀬和久は人殺しだ』と書かれていた。深瀬を問い詰める美穂子。
 深瀬は懊悩する。ついに〝あのこと〟を話す時がきてしまったのか、と。

●湊 かなえ/著 ●講談社/発行
PageTop