函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

「寺子屋いろは」のご紹介

 簡単な計算問題を解いている時や本を音読している時には、脳全体が活性化しているといわれています。また、親しい人とコミュニケーションしている時も、脳の前頭前野が活性化するそうです。

 「寺子屋いろは」では、百マス計算・そろばんの読み上げ算・日本文学等の音読を取り入れて、脳を活性化するために、楽しく会話をしながら学習しています。

●百マス計算では時間を計りますが、他の人と速さを比べるのではなく、自分の記録を更新することを目標とします。 過去6年間の実績では、60代~80代の生徒さんが年齢に関わらず、全員が年間を通して着実に自己記録を更新してきました。

●読み上げ算では、外国旅行での買い物を想定し、各国の通貨の単位で読み上げ、それを日本円に換算するという方法で、たし算とかけ算を行います。

●音読は、主に小学校の国語で使われるような日本文学をみんなで順番に音読します。一度、普通に読んだ後は、その日ごとに決まった一文字を抜いて、集中力を要する読み方をして脳を鍛えています。

 週に1度、「寺子屋いろは」で脳を活性化し、楽しい時間を過ごしましょう!

 

 

 

 
PageTop