函館女性センター 函館市女性センターは女性の福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のための推進拠点です。

「人の意思や気持ちを尊重する社会」目指して…

講座リポート(11・13)

日本の優れた文化の伝承「友禅染体験教室」が11月13日(火)午後1時~3時に行われました。
講師は友禅染作家の景澤  富佐子氏です。
ハンカチに顔料を使い色付けしていきます。図案は数種類あり、先生がすべて手描きされたそうです。

始めは慎重に筆を動かしていた受講者さんも、慣れてくるとぼかしを入れたり色を重ねたり工夫しながら、楽しそうに作業をしていました。

完成後の作品はアイロンを当てると水に濡らしても大丈夫になるそうです。

「函館で手描き友禅が出来ると思わなかったのでとても楽しかったです、2回目があったらまた参加したい」と好評でした。

 

友禅染体験教 (5)

 

友禅染体験教 (9)   友禅染体験教 (14)

 

友禅染体験教 (1)   友禅染体験教 (4)     

講座リポート(11・14)

 日本の技を身に付けよう②「練り切りで和菓子作り」が11月14日(火)午後1時30分~3時30分に行われました。
講師は函館短期大学付設調理製菓専門学校特別講師で有限会社龍栄堂代表取締役でもある  田中  修司 氏です。
練り切りに色を混ぜ、秋の風物詩でもある紅葉や山茶花など4種を作りました。
色の付け方や配色でそれぞれ違った味のある和菓子が出来上がりました。

 

練り切りで和菓子作り (5)

 

練り切りで和菓子作り (3)   練り切りで和菓子作り (1)

講座リポート(11・17)

 家族で楽しくクッキング「親子パン教室」が11月17日(土)午後1時~3時に行われました。
講師は柏桜通りのパン教室主宰 パンシェルジュ1級の備前三千代 氏です。

12組14名が参加し北海道産小麦やとかち野酵母を使い3種類のパンを作りました。

エゾヤマザクラのさくらんぼから作ったとかち野酵母が発酵する様子を見たり匂いを嗅いでみたり貴重な体験が出来たようです。焼きあがったパンはどれも美味しそうで、皆さん笑顔になっていました。

1月16日にも備前氏を講師に迎え「大人のパン教」室が開催されます。

 

親子パン教室 (1)

 

親子パン教室 (4)   親子パン教室 (5)

 

親子パン教室 (15)  親子パン教室 (17)

 

親子パン教室 (20)   親子パン教室 (19)

講座リポート(11・21)

日本の技を身に付けよう②「食べて健康!発酵調味料作り」が11月21日(水)午後1時~3時に行われました。
講師は発酵菌活生活推進協会コーディネーターの桜田育美 氏です。

麹を使って「塩こうじ」・「大葉にんにく醤油麹」と塩の代わりなどに使える「イモ床」を作りました。
麹は食べ物を美味しくしたり胃腸を助ける等健康に良いとされ、手軽にできる「塩こうじ」は注目を集めている発酵食品です。

「イモ床」は蒸したじゃがいもをつぶしてんさい糖と塩を入れ冷蔵庫で1週間寝かせると乳酸発酵で調味

料として使えるようになるそうです。

最後に醤油麹を使った「豚肉の醤油麹漬け」を作り試食しました。

「説明が分かりやすく、グルテンフリーなど貴重な話が聞けとてもためになりました」と次回の講座を希望する声がたくさん寄せられました。

 

 

発酵調味料作り (6)

 

発酵調味料作り9   発酵調味料作り (2)

 

 発酵調味料作り (8)

講座リポート(10・21)

 みんなで一緒に体験バス旅行「どんぐり植樹ツアー」が10月21日(日)午前10時~15時30分に行われました。
今回は北斗市きじひき高原にミズナラ50本を植樹しました。
植樹は自然の生態系を保つために行われています。森林は水質汚染や土砂崩れを防いだり、酸素を排出し温室効果ガスの吸収を行ったり温暖化の進行を食い止める役割もあると言われています。

植樹後はきじひき高原パノラマ展望台で昼食をとり、北斗市観光交流センター別館「ほっくる」や七飯道の駅「なないろななえ」に立ち寄り特産物を購入したりソフトクリームを食べるなどして過ごしました。

最後に七飯の果樹園でぶどうやプルーン狩りを楽しみました。

 

どんぐり植樹ツアー (4)

 

どんぐり植樹ツアー (8)

 

どんぐり植樹ツアー (16)   どんぐり植樹ツアー (14)        

PageTop